カテゴリー

ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴

ドラマ見逃し無料動画フル視聴 バラエティ見逃し無料動画フル視聴

BG~身辺警護人~(2020) – 見逃し無料動画フル視聴

BG~身辺警護人~(2020) – 詳細

BG~身辺警護人~(2020)

出典:公式サイト

放送テレビ局:テレビ朝日

放送期間:2020年6月18日〜2020年7月30日

曜日:毎週木曜日

放送時間:21:00〜22:00

話数:全7話

公式サイト

BG~身辺警護人~(2020) – 出演者

木村拓哉 島崎章(しまざき・あきら)

斎藤工 高梨雅也(たかなし・まさや)

菜々緒 菅沼まゆ(すがぬま・まゆ)

間宮祥太朗 沢口正太郎(さわぐち・せいたろう)

市川実日子 笠松多佳子(かさまつ・たかこ)

勝村政信 小俣健三(おまた・けんぞう)

仲村トオル 劉光明(りゅう・こうめい)

道枝駿佑 中島小次郎(なかじま・こじろう)

BG~身辺警護人~(2020) – 見逃し無料動画フル視聴検索(公式)

作品の配信状況を確認してから各VODに加入してください

BG~身辺警護人~(2020) – 無料動画サイトを検索

BG~身辺警護人~(2020) – コメント

【視聴者からの期待の声】弱きものを守るという信念でボディガードに全力投球するというのがカッコいいですね。またそれが丸腰で行えるという設定がすごい!武器が色々使えることも魅力的ですが、やはり生身で強いのは見ていて一番カッコいいと思います。それを40代の木村がやってのけてしまう体力と運動神経が凄いですね。ヒューマンドラマの要素もありそうなので、アクションとストーリーと同時に楽しめそうです。また、出演者もなかなか素敵ですね。勝村さんは組織に追従するという、こびへつら姿勢をとてもじょうずに演じられるかたですし、仲村トオルも好青年に見える巨悪がとても似合うと思います。(女性30代)

【視聴者からの期待の声】前作で独り身のとてもストイックな生活を行っていたのが印象的だった。身辺警護に入るまでの警備員姿も見慣れないせいかとても新鮮でした。離れて暮らしていた息子との関係もあのあとどうなったのか気になるところ。ストイックだけど、甘みのある役どころだったので、キムタク作品の中ではかなり好感度の高い作品。丸腰というのが身辺警護のカッコよさにもしびれます。キムタクだけでなく主役級の俳優さんが沢山出ているのも贅沢です。斎藤工は味方のままでいてくれるのでしょうか。仲村トオルは意外にも社長…敵役なのですね。春先にやった「教場」の教官くらい厳しいキムタクもまた見てみたい。(女性50代)

【視聴者からの期待の声】前作のメンバーがほぼ続投でとてもうれしいです。それぞれ個性が強いのに、団結力があって、ドラマが進むごとにそれが高まっていったので今回もチームワークが楽しみです。みんな自分が!っていう主張が強い人たちなのに、メンバーのことを思いやっていて、一人一人の思いもよくわかっていてさりげなく配慮するところが好きです。それがばれると照れたり、キレたりするところも人間臭くて好きです。前作で上司の上川隆也さんが亡くなってしまい、悲しみが大きかったのですが、その代わりがおそらく仲村トオルさんなのでまたぴったりの上司像です。最初はまたなじむまで木村拓哉さんと衝突したりするのかもしれませんがどう信頼し合っていくのかがみどころだと思います。(女性30代)

【視聴者からの期待の声】一作目が凄く好きで視聴していたので、シリーズ化は「やった!」という感じです。とても楽しみにしています。木村拓哉さんのスーツ姿は凄くシュッとしていてカッコよくて、アラフィフになって渋みが増してきたのもあり、さらに素敵になったと感じています。ボディーガードという職業、そしてその職業にストイックである役柄も、ぴったりとハマっていると思います。斎藤工さんを初め、シーズン1の出演者も続投のようで、嬉しい限りです。もしかして、元妻役だった山口智子さんも再登場して、また共演されるのかな・・・?お二人の子供が成長しての再登場もあるかな・・・?とその部分にも大期待しています。(女性50代)

【視聴者からの期待の声】とても期待しています。グランメゾン東京や教場など、年末年始はキムタクのすごさを感じることのできる良作をじっくり見ることができました。スマップの木村拓哉ではなく、1人の俳優として、新たな道を進もうとする姿がとても格好いいと感じています。今回のBG~身辺警護人~でも、木村拓哉さんの良さにどっぷりと浸かりたいと考えています。特に期待しているのは、人間関係を描く場面です。木村拓哉さんのセリフや相手を思いやる言い回しなどは、かなり注目してしまいます。単なるアイドルではなく、人間・木村拓哉としての魅力を感じられるドラマになることを期待しています。(女性20代)

【傑作選/第2話(2018)ネタバレあらすじ】赤羽老人ホーム殺人事件での死刑判決が、新たな証拠が出たことで無罪判決となる可能性が浮上する。そんな中やり直しの裁判を担当する行永裁判長の自宅が何者かに放火される。やり直し裁判のことで脅迫を受けていた行永裁判長には警視庁のSPが警護することになるが、家族は警護対象外の為、日の出警備保障の島崎とまゆが行永の妻をボディーガードすることになる。しかし民間のボディーガードである島崎たちは、警視庁のSPのように拳銃を所持しているわけではないということが奥様に不信を抱かせてしまう。そのせいか奥様は島崎とまゆに皿洗いや掃除を言い付ける始末。さらには気分転換に外出したいと言い出し、デパートで靴を購入し美容院にまで足を運ぶ。警護しながら島崎は、奥様は自分たちの目を盗んで一人になろうとしているのではないかと考える。(女性30代)

【傑作選/第3話(2018)ネタバレあらすじ】村田課長に緊急呼び出しを受けた島崎は、身辺警護課に戻ってきた高梨と険悪な雰囲気になるが村田課長になだめられ、二人で芸能事務所の坂東社長を警護することになる。坂東社長は人気タレントのかのんが主演である映画の制作発表を控えているのにも関わらず姿を消し、一億円をくれたら戻ると言っており、一億を無事に持っていけるように警護して欲しいと言う。しかし車で移動中、坂東社長の様子がおかしいことから、実はかのんが失踪ではなく誘拐されていることが発覚する。島崎たちは犯人に電話で指定された多摩ショッピングモールのイベント広場に到着するが、どこかから彼らを監視している犯人に島崎と高梨のことを警察だと勘違いされるが、かのんのマネージャーだと言ってなんとか誤魔化す。しかし、モールで絡んできたチンピラのせいで、二人がボディーガードだと犯人にバレてしまう。(女性30代)

【傑作選/第4話(2018)ネタバレあらすじ】 日ノ出警備保障の社長・今関から重要な極秘依頼があるという連絡を受け、島崎は村田と共に指定された場所を訪れる。今関と共に厚生労働大臣の立原が待ち受けていたことを二人は驚くが、今関は立原から直々に依頼されたことを話す。現役の閣僚には警視庁のSPが付いているが、立原はSPには知られずに個人的な外出をしたいという理由から身辺警護の依頼をする。立原には24時間体制でSPが付いているため、村田はSPの目を欺くのは難しいと話す。立原が人間ドックを受診する病院から抜け出し、3時間以内に戻って来るという案を今関は説明する。島崎はSPに秘密にしなければならないことを疑問に感じるが、今関は対立している派閥に属している人物に会うためだと話す。(女性30代)

【傑作選/第5話(2018)ネタバレあらすじ】チャリティーイベントの警護依頼が来る。チャリティーイベントの主催者であるサッカー元日本代表の河野純也からだった。ミラノのチャリティーオークションに参加するため、空港までの警護を依頼した。以前自分のボディーガードをしていた島崎を指名したことから、身辺警護課の仲間に島崎が以前ボディーガード業をしていたことがバレた。警護の当日、事務所でサポートをしていた沢口が、SNSの情報を調べていると、2日後に河野が日本で開催されるサッカーイベントに出席するという情報を発見し、不振に思う。そのことを河野に尋ねるとキャンセルするという。さらにしばらく日本に戻らないと言う河野は、チャリティーは嘘でパトロンが河野を広告塔に金を集めて資金源にしていることを明かした。本当の目的は不正の証拠を持って国外に逃げるために警護を依頼したのだった。逃げる手伝いはできないと言う高梨に対し、断れない島崎は黙って車を出し…(女性20代)

【傑作選/第6話(2018)ネタバレあらすじ】元総理大臣の鮫島から依頼が入る。警察のSPが外れたからだ。島崎と村田が警護を担当することになる。娘と孫の彩矢はまゆが担当する。島崎が玄関の外に石がつまれていたことに気がついた。会食先の料亭に五十嵐幹事長の元秘書が押しかけて騒ぎを起こす。まゆは娘の話し相手をしている。しかし彩矢が遅いことを心配する。彩矢は下校時刻から一時間以上経っても帰ってこない。彩矢は公園にいた。近くには不審者がいた。島崎は置いてあった小石を見て何かに気がついた。翌日、彩矢は学校の社会科見学に放送局に行く。その後をついてくる男かいた。彩矢が突然逃げ出した。そこに立原がやって来て彩矢を連れだしてくれた。犯人は離婚した父親だった。彩に誕生日プレゼントを渡そうとしていたのだった。小石を連絡に使っていたのだった。鮫島は誰にも狙われていなかったのだ。鮫島は父親を許したのだった。(女性40代)

【傑作選/第7話(2018)ネタバレあらすじ】 仁美が誰かに狙われているので、島崎に守って欲しいと頼む。村田と菅沼が自宅に向かう。つけられたり,花を荒らされたりしていて今の旦那には言っていない。村田から思い過ごしではないと報告を受ける。結局、島崎が仁美の警護をすることになった。そんな時、立原から電話が来て仕事は楽しいかと聞かれる。仁美の後をつけていたのは今の旦那の元妻だった。解決した二人は一緒に食事に行く。そこに立原と幹事長がやってきた。立原は離党を申し出る。村田がレストランに島崎の時計を返しに来てくれた。その時レストランに幹事長の元秘書がいることに気付く。秘書は拳銃を持っていたのだった。自殺をするつもりだったが、自分ひとりで死ぬのは嫌なので誰かを道連れにすると言い出す。そして村田が撃たれてしまった。(女性40代)

【傑作選/第8話(2018)ネタバレあらすじ】元秘書に鉄砲で撃たれた村田は、救急車で搬送中に様態を急変させ、亡くなった。警視庁警備部警護課係長の氷川は記者からの質問に対して「SPは職務を全うした。被害者自ら犯人を挑発したと聞いています。」と答えた。記者は立原の元にも詰めかけたが立原も「発砲の瞬間は見ていません」と答え、真実は話さなかった。葬儀を終えると身辺警護課に新しい任務の依頼があった。依頼者は、第1話でボディーガードを依頼してきたインスタントラーメンを製造しているサスケフーズの会長・大久保だった。大久保は「仕事を頼んだ方が供養になるだろう」と言い、新製品発表会の警護を依頼したのだ。島崎は沢口にBGを任せると、沢口はこの仕事を辞めようと思っていることを打ち明けた。いい思い出にすると言ってBGを引き受けた。その頃高梨は、村田の名誉を回復するため、独自に調査していた。村田は仕事中の会話を全てICレコーダーに録音していた。村田の妻に遺品について訪ねると、携帯やICレコーダーは返却されていないと分かった。返還請求をするべきだと言い、庸一と共に警視庁を訪れた島崎と高梨。警察はすぐにスマートフォンやICレコーダーを返還した。しかし、ICレコーダーのデータを調べると、事件当日のデータは無く、データは消されていたのだった。(女性20代)

【第1話の感想】KICKS CORP.の劉社長が、何を考えているかわからない感じで恐ろしさを感じました。島崎達が、与党議員の桑田が開催する講演会パーティーの警護をしていて、襲撃されてたけど、劉社長達が考えたシナリオでやらせだったとは思わなかったです。(女性50代)

【第1話の感想】身辺警護としてはかなり珍しいスタイルである、「刑務所出所時からの身辺警護」について取り上げていました。大学研究室で起きた事件の受刑者だったのですが、研究室に戻った際に指導教員と一悶着あったので、その際に命を懸けて依頼者を守っていたことに衝撃を受けました。(男性30代)

【第2話の感想】デリケートな天才ピアニストの警護をするという仕事を担当した島崎と高梨は、後半部分でパチンコ玉を凶器にした暴漢に襲われていました。警棒・防刃ガードといった道具を持っているのですが、基本的には生身の体で警護をするのでしんどい仕事だろうと感じました。(男性30代)

【第2話の感想】恵麻が目が見えないのにいろんなことがわかるのがとてもすごいと思います。島崎が高梨に会社を辞めた理由を話したのがとてもビックリしました。恵麻のことを島崎が体を張って守ったのがとてもかっこよくてよかったです。(男性30代)

【第3話の感想】女医さんと島崎がいい感じになる場面は正直いりませんでしたね。異常者に追いかけられて怖かったのはわかりますが、なんだか違和感を感じてしまう場面でしたね。あと覆面の犯人は秘書かと勘違いしながら見ていたので驚きました。(女性30代)

【第3話の感想】まゆと高梨がケンカになったのがとても面白くてよかったです。道岡がすごく生意気だったのがとても面白くてよかったです。道岡がお金を最低賃金しか出さないと言ったのがとてもビックリしました。道岡がネットで悪口を書かれていたのが笑えてよかったです。(男性30代)

【第4話の感想】島崎と高梨が抜けたボディーガードの会社では菅沼がリーダーになったと思ったら、今度は役員?に抜擢されていて、これは女性登用というあからさまな一種の差別なんじゃないか?と思ってしまった。それでも、菅沼のパキッとした感じはカッコいいなと思う。(女性30代)

【第4話の感想】20年間引きこもりの大輔は、25年前の自分への手紙を見て、前向きな気持ちになれたのではないでしょうか。大輔の父親は25年前の大輔の気持ちを知って、後悔したと思いましたが、嬉しかったと思います。25年前に父親に憧れていることを、大輔が素直に言っていたなら、父親は応援してくれたと思います。(女性40代)

【第4話の感想】生田が親父のことをすごく嫌っていたのがとてもビックリしました。瞬が打撲だったのがとてもよかったと思います。瞬が島崎の悪口を笠松に言っていたのが笑えてよかったです。笠松が島崎のことをいろいろわかってるのがすごいと思います。(男性30代)

【第4話の感想】 子供部屋おじさんと言っていて、狙われているというのは嘘ではないかと警護するかどうかを揉めていて、たしかにこの案件は難しいなと思う。島崎が父親というのは意外すぎる。スーツを持ってきたりとさすがボディーガードは気が効く。(女性20代)

【第4話の感想】 瞬が怪我をしたのがとてもビックリしました。瞬が高梨に電話をしたのがとても面白くてよかったです。島崎が靴と服を用意していたのがすごいと思います。生田がすごくヒゲが生えていたのが笑えてよかったです。生田が外ですごくオドオドしていたのが笑えてよかったです。(男性30代)

【第5話の感想】 島崎の元同僚の沢口に恋人がいることに驚きました。そしてその恋人である凪子の警護を島崎たちに依頼する展開はワクワクしました。凪子が狙われているのはなぜなのかというところも気になりましたが、沢口が凪子との結婚を真剣に考えていると島崎たちに話していたのでこれからどうなるのか楽しみです。(男性40代)

【第5話の感想】 社内でストーカー問題が発生したことで劉社長の闇がはっきりと出てきたところが怖さを感じながら面白かったです。そして島崎が会社を辞めた理由を知った沢口が劉に会社を辞めると直接言いに行ったものの、丸め込まれるような展開は少し残念でしたがこれからどうなるのか楽しみです。(男性40代)

【第5話の感想】 沢口の恋人の凪子をストーキングしていたのは、凪子の上司の秘書の岩田でしたが、社長の劉の秘密を守る為に、凪子の部屋にむりやり入って、凪子を押し倒したりして襲おうとしたのは酷いと思いました。ストーカー騒ぎのせいで、沢口と凪子は距離を置くことになりましたが、このまま別れてしまうような気がしました。(女性40代)

【第5話の感想】 章が自宅の冷蔵庫から取り出した瓶の蓋がなかなか開かないのを、息子の瞬の恋愛アドバイスによって蓋まで開けさせてしまう展開には笑ってしまい、どちらが大人なのかと笑えてしまう親子関係が面白く、いつの間に恋愛観を高めたのかと瞬の成長ぶりが笑えてしまう。(男性30代)

【第5話の感想】 島崎の息子が、笠松先生のことを島崎に話していたけど、女は高い壁を乗り越えてくる男が好きって大人びたことを言ってることに驚きました。島崎もまんざらでもなさそうで、笠松先生も島崎のことを意識している感じなので恋愛に発展するのかなって思いました。(女性50代)

【第6話の感想】島崎が写真を撮っていたのがとてもビックリしました。島崎が朝からカレーを作っていたのがとてもビックリしました。瞬が空手の真似をしていたのが笑えてよかったです。島崎の家にいきなり笠松がきたのがとても面白くてよかったです。(男性30代)

【第6話の感想】クズの玉井に対抗しようとした章ではあったものの、法律ギリギリを狙った腹黒い玉井たちのやり方に何も出来ないでいる状況となるとはビックリ、凄腕のBGであっても手を出してこない相手では役に立たないとは世の中の無情さが悲しい。(男性30代)

【第6話の感想】 今回の島崎たちへの依頼でカレー食堂を守ることはできても立ち退きの期限が決められているような時にボディーガードというのが、どういう立場で活動すればいいのかと悩む島崎たちに少しワクワクしましたし現実でも、もしあればどうなるのかと考えさせられました。面白かったです。(男性40代)

【第6話の感想】最初からやりとりがにやける。始まり早々から可愛い島崎さん。なぜカレーが一つしか出てこないのか、つっこんでしまった。キムタク見る高梨くんの表情は好きなんだけどやっぱり先生との恋は応援できない。 来週が最後なのは悲しすぎる。(女性20代)

【第6話の感想】とうとう笠松が謎の男にどこで会ったか気が付きましたね。劉も謎の男のことを知っていますし。劉の過去の事件に関係しているようですね。関係が気になります。笠松も島崎との関係もなんだかいい感じになってきましたね。息子も公認って感じだし。2人の関係にも注目していきたいです。(女性40代)

【第7話/最終回の感想】 木村さんと仲村トオルさんを見ていると眠れる森を思い出しますね。この時の2人の演技は神がかっていました。その映像がフラッシュバックしていい感じでした。劉社長の役柄も悪ではあるのですが憎めない感じで好きでした。(男性30代)

【第7話/最終回の感想】社長が何で逃げたのかと会社内がすごく不安な状態で警備免許を取られたらどうしようとか現実的で、みんなドキドキしてるんだろうなって感じた。島崎さんの息子に卵かけご飯を食べろって親心で言ったのか、息子としてどう思ったんだろう。(女性20代)

【第7話/最終回の感想】 今回で最終回だということがとても悲しいです。ほんとコロナのせいで話数を短縮させられてしまったので腑に落ちません。ほんとだったら11話くらいやる予定だったみたいです。次回のシリーズに期待ですね。楽しみにしています。(男性30代)

【第7話/最終回の感想】 島崎・高梨らを狙っていた不審者が、実は元警察官だったことがわかりました。実際の警察官は、警察学校護身術・武道を学んでいる人がほとんどなので、この不審者を制圧するにはかなりの労力が必要になると思いました。(男性30代)

【第7話/最終回の感想】 新型コロナウイルスの影響で、ドラマの撮影もかなり大変だったと思いますが、最終回ということで、大勢の 警察官役の人を配備したり、市川海老蔵さんを本人役として登場させるなど、さすが木村拓哉さん主演のドラマだなと思いました。これで、最終回なんて寂しいです。(女性40代)

New List 一覧

Weekly ドラマ

Mon(月)ドラマ

Tue(火)ドラマ

Wed(水)ドラマ

Thu(木)ドラマ

Fri(金)ドラマ

Sat(土)ドラマ

Weekly バラエティ

Sat(土)バラエティ

あなたの代わりに見てきます!リア突WEST

所さんの世田谷ベース

かまいたちの机上の空論城

大使館☆晩餐会

LuLuREPO TV

I LOVE みんなのどうぶつ園

あざとくて何が悪いの?

ブイ子のバズっちゃいな!

FNN Live News イット!

ひまプリの咲き誇れ!向日葵のタネ

This Week in WWE

夜バゲット

Do!Fishing

よしもと新喜劇

街頭TV 出没!ひな壇団

ぐっさん家

有吉ジャポンII ジロジロ有吉

小山薫堂 東京会議

ストーリーズ

東京VICTORY

サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん

裸の少年

EXILE TRIBE 男旅

まるっと!サタデー

中居正広のニュースな会

FNN Live News α

知られざるガリバー〜エクセレントカンパニーファイル〜

新美の巨人たち

きじまりゅうたの小腹すいてませんか?

土曜はダメよ

ウラマヨ!

芸能人が本気で考えた!ドッキリGP

そろそろ にちようチャップリン

超逆境クイズバトル!!99人の壁

ブラタモリ

世界ふしぎ発見!

ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!

BeauTV 〜VOCE ビューティーヴィー

週刊まるわかりニュース

有田P おもてなす

テレビ寺子屋

TVシンポジウム

出川哲朗の充電させてもらえませんか?

ノージーのひらめき工房

ピタゴラスイッチ

ウェークアップ!ぷらす

Eダンスアカデミー

王様のブランチ

週間手話ニュース

THEフィッシング

MUSIC FAIR

ごはんジャパン

池上彰のニュースそうだったのか!!

地球ドラマチック

世界一受けたい授業

チョイス@病気になったとき

サタデーステーション

すくすく子育て

ウワサの保護者会

ETV特集

マツコ会議

開運音楽堂

なりきり! むーにゃん生きもの学園

SWITCHインタビュー 達人達(たち)

音流〜ONRYU〜

炎の体育会TV

Sun(日)バラエティ

アニマルエレジー

爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!

テレビ千鳥

バナナマンのせっかくグルメ

元就。

お笑いワイドショー マルコポロリ!

やすとものどこいこ!?

歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル

仙台市青葉区 かのおが便利軒

千原ジュニアの座王

坂上&指原のつぶれない店

今日からやる会議

シブヤノオト

日曜日の初耳学

有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない?

ANNスーパーJチャンネル

林家正蔵の演芸図鑑

今夜も生でさだまさし

モヤモヤさまぁ〜ず2

趣味の園芸 京も一日陽だまり屋

ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!

上田晋也の日本メダル話

馬好王国〜UmazuKingdom〜

桂文枝の演芸図鑑

NHK短歌

NHK俳句

ワイドナショー

どーも、NHK

サンバリュ

日本の話芸

猫のしっぽ カエルの手

ザ!鉄腕!DASH!!

世界の果てまでイッテQ!

将棋フォーカス

ミライ☆モンスター

なりゆき街道旅

NHKのど自慢

囲碁フォーカス

路線バスで寄り道の旅

探偵!ナイトスクープ

ジャンクSPORTS

クラシック音楽館

Mr.サンデー

S-PARK

サイエンスZERO

イッピン

こころの時代〜宗教・人生〜

サンデーLIVE!!

健康カプセル!ゲンキの時間

がっちりマンデー!!

日曜美術館

日曜美術館 アートシーン

7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート

S☆1

ABChanZOO

趣味の園芸 やさいの時間

趣味の園芸

NHKみんなの手話

そこまで言って委員会NP

ザ・ノンフィクション